アリ 種類

日本のアリの種類

日本には280種類以上のアリがいます。ここではその中の、ほんの一部をご紹介します。まずは、トビイロケアリです。一番良く見かけるアリで、腐りかけの湿った木材や、樹の根元の腐った部分に巣をつくっているアリです。甘いモノや虫の死骸に多く集まっています。また、アブラムシの出す蜜が好物で、アブラムシの世話をしたりアブラムシの天敵であるてんとう虫を追い払ったりしています。次にクロオオアリです。日本全国に分布しているアリで、日本のアリの中では大型ですので、よく目立ち目にすることも多いと思います。巣は開けており乾燥した地面につくられています。畑、公園、林道や住宅地などに生息し、都会にも多く住んでいます。いわゆる「アリの巣」っぽいアリの巣を作ります。他のアリを頻繁に狩り、食料にしていることでも知られています。他には、トゲアリをご紹介します。こちらは、余り見かけることはないかもしれませんね。8mmぐらいの大きさで、真っ黒な体の上に少し赤みがかった鎧のようなものを背負っています。そして長く曲がった刺を持っているのです。大きめの木の空洞などに巣を作っています。また、クロオオアリの巣に侵入し女王アリを殺して巣を乗っ取ります。そしてクロオオアリの働きアリたちに自分の子供を育てさせます。そうして自分のコロニーを形成していくのです。

世界のアリの種類

アリは世界中で、1万以上の種類がいます。植物が生えているような場所にはたいてい生息しており、世界でも身近な昆虫なのです。最も多くの種類がある待っているのが、熱帯のジャングルです。日本のアリは比較的穏やかですし、危険もありません。噛まれると非常に痛いですが、命の危険は全くありません。しかし、熱帯のジャングルでアリに襲われればそうは言っていられません。恐ろしいアリの代表として軍隊アリを挙げておきましょう。名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。亜種はアシアやアフリカにもいますが、アマゾンのものが最もよく知られています。体長は1cm以上あり、とても頑丈で体の半分ほどの顎を持っています。顎はかまのような形をしており、自分たちの群行の行く手にある、いかなる生物をも補足していくのです。このアリは巣を持たず、100万匹もの集団が餌を求めて移動しているのです。毒を持たず、ただひたすらに噛みちぎって獲物を補足します。馬も食いちぎられたという事例があるようです。彼らは全く目が見えておらず、ただそこにあるから蹴散らしてゆくと言う感覚のようです。食われる話以外にも凄いと思うところは、彼らは巣がないと言いましたが、女王アリや卵、幼虫のために自らが建築物になり悪天候などから護るのです。まさにその名の通り、規律厳しい軍隊の兵士のようですね。

 

サイトマップ